いまや当たり前?大容量データの転送の方法

10月 27, 15 • 未分類いまや当たり前?大容量データの転送の方法 はコメントを受け付けていません。Read More »

メール添付で送るデータ転送

まずは、一番簡単なデータ転送の方法として、メールにデータを添付して送ることですね。携帯電話から写真を添付して送るなどいまや当たり前のようになっています。ただ、相手のメールアドレスを知らないと送れないのとデータの容量については注意が必要です。大容量のデータを送ると相手は長時間メールを受信しなければなりません。昨今はインターネット回線が速くなったので、数メガ程度のデータであれば問題ないでしょう。ただ、数百メガなどになると相手にも迷惑になりますし、会社のパソコンなどだと会社のフィルタリングに引っかかる可能性があるのでご注意を。

合法?P2Pによるデータ転送

P2Pといえば、インターネットを利用してパソコン間で直接データのやり取りをする形式です。P2Pのソフトが一時期爆発的に広まったのでご存知の方は多いでしょう。ただ、P2Pソフトを利用するとまったく知らない人ともデータのやり取りをすることになります。そのデータが公表指定いいものであったり、著作権等に触れないものであれば、P2Pはデータ転送の手段としては非常に便利です。ただ、前述したデータばかりとは限りません。プライベートなデータであったり、著作権に触れるようなデータ、ウイルスがありますので、ご注意を。

現在一番利用されているかも、データ便

インターネット回線の高速化により、データ便を使う方が増えているようです。データ便は自分のパソコン上にあるデータをデータ便を扱っているwebサービスのサーバーにアップロードし、そのアドレスをデータを渡したい人に送ります。受信した方はアドレスだけですから、非常に軽いメールを受信するだけで済みます。受信したアドレスにアクセスし、データをサーバーからダウンロードすれば、データの受け渡しは終了です。大量の写真やホームビデオを送る際にも便利サービスです。

大容量ファイルといえば、昔はメガバイト程度でしたが、今では技術の発達が目覚ましくテラバイトに取って変わりました。

Comments are closed.