どんな仕事をしているの?広告代理店の仕事内容

6月 19, 15 • 未分類どんな仕事をしているの?広告代理店の仕事内容 はコメントを受け付けていません。Read More »

仲介のような役割をする

将来広告代理店の仕事に就きたいと考えている学生とかって結構いますよね。しかし広告代理店というのはそもそもどんな仕事内容なのかということについては、意外とわからないものでもあります。広告代理店というのは、広告を出したいと考えている企業と、広告を掲載しているメディアなどの業界を仲介するというのが主な役割です。TVやラジオで流れているCMや電車の吊り広告などは、こうした広告代理店が仲介をしたことによって作られたんですね。

広告自体を作ることも

本来はテレビや新聞などのメディアの広告枠をいろいろな企業に営業をかけて売るというのが広告代理店の主な仕事でしたが、最近では広告自体を制作することもあったりします。政策の企画をしたり、指示をしたりして、ある企業の広告を広告代理店が作っているというわけですね。そもそも制作部門を持ってしまっている広告代理店も多くあったりしますが、それは大手の代理店の場合が多く、制作会社と一緒に広告を作っていくというのが主流のようです。

特定の分野に特化した広告代理店

広告代理店は、大手の企業になると、その傘下にたくさんの代理店を持っていたりします。そうした下部組織としての代理店は、特定の分野に特化した機能を持っているということが一般的だったりするのです。たとえば、医療やアパレル関係の広告制作を専門としている代理店や、アパレルやモバイルなどに特化して広告を作っている代理店なんかもあったりするのです。ただ日本の広告代理店の勢力は、最近では外資に取って代わられているのが現状のようですね。

代理店の募集とは、親会社が提供する商品やサービスを専門に取り扱う契約者を募ることです。仕入れ値を安くできるなどのメリットを享受できるものとなります。

Comments are closed.